イベント会場の魅力探索ガイド Vol.17

滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール

湖畔のオペラ、創造し発信する劇場をめざして

水鳥が泳ぐ琵琶湖のほとりに建つ「滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール」は、西日本で初の4面舞台をもつオペラ劇場として建設され、「創造し発信する劇場」をコンセプトに1998年9月5日オープン。オペラとクラシックコンサートを主眼とした大ホール(1,848席)、演劇に特化した中ホール(804席)、室内楽向けの小ホール(323席)、3つのホールを有する県立の芸術劇場・コンサートホールである。

オープン以来、毎年オペラの自主制作・上演をつづけ、芸術監督のもと日本最高水準の力を結集したプロデュースオペラ、びわ湖ホール声楽アンサンブルの活動を軸に、日本で数少ない「オペラをつくる劇場」として、その名を響かせている。

オペラハウスとコンサートホール、2つの顔をもつメインシアター

大ホールは4層1,848席、オーケストラピット設営時1,712席。4面舞台をもつプロセニアム型劇場と、走行式音響反射板(シェル)を使用したシューボックス型コンサートホール、2つの劇場形式をもつ。

「生音」を重視した建築音響で、豊かな残響を得るため、ホールの天井を高く、横幅を狭く、生の声が客席に届くよう主舞台から4階席うしろまで奥行き38mに設計。

オペラのときは、プロセサイドや客席壁の一部を開いて、キャストに照明を当てたり、オケピット上部の天井を昇降させてオーケストラの音量を可変したり、コンサートでは照明フロントやシーリングの壁を閉じて音の反射率を高めるなど、演目・編成によって調整する。

*

演奏者(Artist)と観客(Audience)、双方に心地よい音響(Acoustic)

ホール内装には音響特性に優れたサクラ材(壁)とナラ材(床)を使用。多くの劇場では、足音を軽減するためにフロアや通路には絨毯を敷き詰めている一方、びわ湖ホールではあえて絨毯は敷かずに、木の響きを引き出し、音の反射率を高めている。

イス格納時の吸音がほどこされた客席シートも注目ポイント。布の座面を背もたれに密着させず、斜めの状態で留めることで、リハーサル時(空席時)と本番(満席時)の残響差を軽減。ステージに立つ演奏者は、本番に近い音響でリハーサルできる。コンサートホール仕様の残響時間2.0秒、劇場仕様1.5秒。

*

国内屈指の4面舞台、湖水面の下に広がる大奈落

客席から見えている主舞台は18m×18m。奥と上手、下手に同じ広さの舞台があることから「4面舞台」と呼ばれる。主舞台は5つの迫り(各18m×3.6m)からなり、最大1m80cmまで昇降可能。階段状にして第九の合唱台にしたり、基礎舞台の一部として利用したりすることで大道具の節約にもつながる。

奥舞台には回り盆を内設したスライディングステージ、袖舞台には主舞台迫りと同じ大きさのワゴンが5台ずつ収納され、第2・第3幕のセットを組み立てたまま主舞台に移動できる。大がかりな舞台転換もスピーディーに行える4面舞台と機構を誇る「びわ湖ホール」は、海外オペラの引っ越し公演もオリジナル演出で再現できる日本で数少ない劇場のひとつ。

*

驚きと感動を演出する、舞台裏のクルーたち

オペラの上演では、すべてが音楽(指揮者が司る生演奏)にあわせて進行する。幕の開閉、装置の移動、照明の変化も、音符がきっかけを決めるため、オーケストラピットの指揮者をモニターする「指揮者モニター」が重要な役割をもつ。調光室、音響室、舞台機構操作室、舞台裏で仕事をするスタッフも、タクトを感じながら、それぞれの「楽器」を奏でるのだ。

ほかにも、オーケストラピットの音をマイクで収音し、舞台上のキャストが聞くためのステージモニター、楽屋の衣装スタッフや舞台スタッフ専用の運営系モニターが活躍する。

主舞台の上には58本の吊りバトンとライトブリッジ4基。円滑な運用のための安全管理、日々の作業ひとつひとつの積み重ねによって作品が作られている。

*

比叡・比良の山々を仰ぎ、琵琶湖を一望するAtmosphere(環境)

やわらかく清涼な光に満ちたホワイエは、列柱や壁にイタリア・トスカーナ産の白大理石を使用。ビアンコカラーラの流れ模様に、劇場と日常をむすぶ渡し舟、湖上の風景が浮かびあがる。

メインロビーでは毎月、滋賀県ゆかりの演奏家によるロビーコンサートが開かれる。2007年8月にメインロビーに舞い降りて以来、音楽家たちにインスピレーションを与えてきた1927年製のエラールピアノ(モデル260・エクストラベース)が、2019年3月をもってびわ湖ホールを去ることになった。「びわ湖からはばたく」ダークマホガニーの羽をひろげたエラールピアノのラストロビーコンサート、こころの湖面に美しい音色を響かせる。

オペラ・クラシック音楽・バレエ・演劇などの書籍や雑誌、DVDを自由に閲覧できる舞台芸術サロン(右下)

*

大津湖岸なぎさ公園と琵琶湖に浮かぶ帆船をイメージした建物

1981年「びわこ国体」の県民オペラを出発点に、オペラをつくる公共ホールを掲げ、淡海に帆をあげた「びわ湖ホール」は、設計の段階より照明、音響、舞台技術など各セクションで豊富な経験をもつプロフェッショナルが劇場づくりに関わってきた。

「観客をつくる」取り組みに力を入れ、「ここでしか観られない作品」を制作することで培われたノウハウや経験の蓄積は、舞台芸術を担う舞台スタッフの育成に活かされ、県下や関西の演奏家が羽ばたく舞台となり、湖国の文化を生み出す拠点となっている。

*

所在地:滋賀県大津市打出浜15-1 石場駅からのアクセス周辺駐車場公式サイト

※このページはライブウォーカーによる企画・取材・編集コンテンツです。当サイトは滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールおよび滋賀県、公演主催者、スポンサー等とは関係ありません。また、敷地内の写真は許可を得て撮影しております。画像・文章の無断転載等は禁止いたします。

MUSIC-MDATA編集部(取材日 2019年1月)

魅力探索ガイド一覧(バックナンバー)

音楽の仕事探すならミュージックジョブネット
ライブハウスの求人【募集中】
ミュージックジョブネット
1.大ホールホワイエ
琵琶湖の絶景が広がるホワイエからツアースタート。壁や柱の大理石は模様が合うように張り合わせてあり、開館当時と変わらない雰囲気を保っている。
2.客席で劇場説明
1階席(SS席)に座り、ホール設計や音響特性の説明を聞く。埋め込みスピーカーから客席を移動する効果音を再生、5分間の映像アトラクションを鑑賞。
3.オペラカーテンの体験
舞台に上がってオペラカーテンの裏に並び、出演者となって登場。舞台中を暗くし、キューを出す舞台監督役の「スタンバイ、GO」の掛け声で幕が上がる。
4.マイクの指向性実演
ラジオ番組など向き合った2方向の音を拾う双指向性、360°収音する無指向性など3パターンに切り替えて実演。舞台床に置くバウンダリーマイクは運営系の必需品。
5.オペラの照明は「光と影」
影を作らない歌舞伎のフラットな照明に対し、オペラは陰影で立体的にドラマチックに演出。レンブランドの「夜警」を題材に光がどこから当たっているかを再現。
6.四面舞台と機構をリアル体験
回り盆に乗って速度80%でぐるっと回転&スライディングステージも体験できる。主舞台は3.6mごとに切れ目があり、5台の迫りになっている。
7.主舞台から奈落へご招待
舞台から天井スノコまで高さ30m、舞台下10mの奈落は湖水面の下に位置する。主舞台まで上昇するときは、下に穴が開くので落下防止の安全柵が出る。
8.調光室&音響室を見学
照明の操作をする調光室では調光卓のフェーダーやボタンを操作して舞台に明かりをつける。音響室では64chデジタル卓やLCS効果音システムを見学。
9.楽屋エリア、にゃんばら先生も登場
楽屋は大中小16室あり、発声室(グランドピアノBOSTON設置)、衣装部屋や洗濯室もある。楽屋10ではシアターメイツ特別顧問にゃんばら先生が今後の注目公演を紹介。
サウンドペディア
琵琶湖
琵琶湖
滋賀県にある日本最大の淡水湖。周辺の山地からの水を源流として約27.5キロ立方メートルを貯水し、淀川を経て大阪湾にそそがれる、京阪神の生活に欠かせない大切な水瓶。ホンモロコなど、高級食材として扱われる固有種の水産資源も豊富である。
石場津の常夜灯
石場津の常夜灯
江戸時代、矢橋との渡し舟が行き交う船着き場であった「石場」に1845年に建立された高さ8.4mの常夜灯。基壇には寄進した近江商人らの名前が刻されている。1968年に琵琶湖文化会館前に、2005年にびわ湖ホール横のなぎさ公園内に移設。
石場駅(びわ湖ホール前)
石場駅(びわ湖ホール前
大津市の石山寺から坂本比叡山口まで結ぶ「京阪石山坂本線」の駅。1913年3月、大津(現・びわ湖浜大津)〜 膳所(現・膳所本町)の開通とともに開業。前身の石場駅(1880年)から含めると、現存する私鉄駅の中で最古の歴史をもつ。副名称「びわ湖ホール前」。
大津市民会館
大津市民会館
大津湖岸なぎさ公園そばにあり、ワンスロープ1,300席の大ホールと可動席200人の小ホールを備えて1975年4月に開館。市民の舞台発表を中心に落語、お笑いライブ、ポップス系歌手のツアー公演も行われる。