ライブやろうぜ!ステージファイル Vol.99

下北沢 BREATH

下北沢BREATH について
2010年にオープンした、下北沢にありそうでなかったビートルズ専門ライブバー。オーナーの諸橋賢氏のビートルズ愛で実現した、初心者からマニアまで、みんなでビートルズが楽しめるくつろぎのお店。ビートルズONLYのブッキングライブ「All Together Now !!」やビートルズセッション、ジャンルフリーな「Free as a bird」等で出演者募集中。ビートルズ感あふれるレンガ調の店内はキャパ50席(スタンディング込み最大70名)。BREATH主催の野外イベントも積極的に展開。
下北沢BREATH へのお問い合わせ
下北沢BREATH公式サイト
世田谷区北沢2−14−7下北沢セントラルビル3F
TEL:03-6450-8435
出演バンド・ブッキング受付中(詳細

ライブハウスの中の人に話を聞いてみた〜 下北沢BREATH編

このコーナーはライブハウスでバンドをサポートしてくれる「中の人」に突撃インタビューして色々お話を聞いてしまおうというコーナーです。中の人の皆様、ご協力ありがとうございました。

下北沢BREATH代表 諸橋賢氏

日本で1番ビートルズバンドイベントを開催しているんじゃないかな(笑)

本日は、ビートルズファンが集まるライブバー下北沢BREATH(ブレス)代表取締役の諸橋賢さんにお話をお伺いします。オープンの時期とお店の紹介をおねがいします。

2010年7月にオープンしました。店内をご覧いただいた通り、ザ・ビートルズ (The Beatles) がコンセプトのお店です。僕自身ビートルズが好きで、ビートルズをもっと気軽に楽しめるバーを作りたいと思い立ち、下北沢でオープンしました。もうすぐ9周年を迎えます。

ビートルズファンの交流の場となっているBREATHですが、出演者やお客さんの年齢層はどのような感じでしょうか?

出演者も、お客さんもさまざまな世代の人が来てくれています。ビートルズファンというとご年配の方だけかと思われがちなのですが、お父さんが聴いていた影響でビートルズバンド始めた学生さんもいて、二世、三世のファンも多いですよ。ビートルズのリアルタイムは今の60、70代ですが、ファンに世代は関係ないですね。

もちろんイベントはビートルズがメインですね?

もちろん、ほとんどがビートルズ関連イベントです。ビートルズのカバーバンドのライブをメインに、セッションが月2回、ワンマンライブも月何本か開催しています。通常ブッキングは毎月3、4回くらいですかね。ビートルズバンドのイベントは、おそらく日本で1番多く開催しているんじゃないかな(笑)?

ブッキングライブの「All Together Now!!」についておしえてください。

ビートルズに関連する曲であれば原曲のコピーはもちろん、自由にアレンジもOKなブッキングイベントです。多くのバンドは、メンバーの格好や楽器、歌い方、パートの振り分けまで再現した、いわゆるビートルズ「完コピ」バンドですね。

ビートルズ解散後のソロの曲でもOK?

はい、ポール・マッカートニーのウイングスや、ジョージ・ハリソンのバンド、ジョンレノン解散後10年間の活動専門というコピーバンドもいます。デビュー前、1961年のBBC時代のコピーバンドというのもいますよ。

いつか、ビートルズが1966年に来日した時と同じステージを再現したい

内装にもこだわりが感じられますね。レンガ調の壁は「ビートルズ感」たっぷりです。

ビートルズが出演していたイギリスのキャヴァーン・クラブが、レンガづくりの倉庫のようなライブハウスだったので、そのイメージでつくりました。店名「BREATH」のロゴが、なんとなくビートルズのロゴに見えるのも雰囲気出ていると思います。これは狙ったわけではないのですが。

バスドラのヘッドにペイントしてあるアレですよね?狙ったのではない(笑)?

狙っていませんよ。出来上がってきたら、意外と似ていただけで(笑)!

(店内の)これらの楽器もビートルズ由来のものですね。

はい、ビートルズのお店ですから、ヘフナーのベースやカジノのギターなど一応置いてありますが、楽器は、それぞれのバンドさんがビートルズの楽器を持ってくるので、細部のこだわりはバンドさんに任せています。アンプはビートルズが使っていたVOXを置いてあります。個人的にはVOXが好きというわけではないのですが(苦笑)。

ビートルズに特化したお店として、今後の展望やアイデアがあれば、ぜひお聞かせください。

もっと規模を広げて、店であれば2店舗目、3店舗目と作っていきたいですが、それ以上にビートルズイベントを大きく展開していきたい。今やっている野外イベントも全国に広げていきたいですね。そして、最終目標は「武道館のビートルズ初来日コンサートの再現」です。

あの伝説のビートルズ武道館公演の再現ですか!?

ビートルズが1966年に来日した時と同じステージを作りたい。セットや機材、マイクまですべて当時と同じセットで、初来日公演を再現してみたい。もちろん、僕らだけの力だけでは実現できないので、多方面の協力が必要になるとは思います。なにしろ、日本武道館を借りるだけでもそれなりの手続きが必要ですから…。

ルーツをさかのぼるとビートルズにたどり着いてしまう

それは、すべてのビートルズファンのロマンですね。いつの日か実現する日を楽しみにしています。つづいて、諸橋さんと音楽との出会いをおしえてください。

出会いは幼稚園のころやっていたテレビ番組の「ひらけ!ポンキッキ」だと思います。番組内で、プリーズ・プリーズ・ミーやラブ・ミー・ドゥーなんかの初期ビートルズの曲が使われていて、幼稚園児ながら、そのフレーズがものすごい頭に焼き付いていました。のちに親に初めて買ってもらったアルバムがビートルズのレコードでした。

それは早いですね! 幼少期からビートルズ一筋?

いいえ、中学生でギターやバンドをはじめたのですが、その頃はバンドブームでBOØWYの布袋さんにあこがれていました。当時人気だったユニコーンやザ・ブルーハーツを通って、高校に入ってからジャパメタやガンズアンドローゼスなどの洋楽、80年代後半のメタリカやメガデスなんかのテクニカルなギター演奏を追求していました。

多くの人が通ったルートですが、そこから再びビートルズに回帰したのには理由がありそうですね。

ジミヘンやエアロスミス、メタル系のバンドもビートルズのカバーをやっていましたよね。それがかっこよかったので、真似てコピーしているうちに、ビートルズの凄さをあらためて認識させられました。

ほんとにたくさんのバンドがビートルズの影響を公言していますよね。

そうですね、僕も、コピーだけじゃなくてオリジナル曲をつくって、いろいろな音楽をやってみましたが、結局、ルーツをさかのぼるとビートルズにたどり着いてしまうんですよね。

諸橋さんは、ビートルズのどのあたりに魅力を感じましたか?

ビートルズの楽曲って、簡単に聴こえるかもしれませんが、自分で実際にプレイしてみると、そのころ追求していたような演奏テクニックの問題ではなく、あの雰囲気を出すのが難しいんですね。その奥深さに惹かれました。それで高校卒業してから、とことんビートルズを研究するようになりました。

高校卒業後の進路は音楽関係に進んだのですか?

いいえ、医療関係の専門学校に進んで、看護師になりました。看護師の仕事は、この店をはじめるまで12年間やっていました。病院勤めだったので回数は減りましたけど、ずっとバンド活動も続けていました。

看護師をしながら、どのような経緯でご自分のお店を持つことになったのでしょう?

六本木にビートルズバンドがメインで演奏する「キャヴァーン・クラブ」というお店があって、病院の後輩を引き連れて、ボトルを入れて、鬼のように通いつめていたんです(笑)。

そのクラブがビートルズバー開業のきっかけになった?

はい、六本木の「キャヴァーン・クラブ」は閉店(2011年)してしまったのですが、プロの箱バンが毎回6ステージぐらい回すような大きなライブハウスで、ここまでの規模でなくてもいいので、自分なりにビートルズをメインとしたお店をやってみたい、と思うようになりました。それで、最初にお話したBREATHオープンの流れへつながるわけです。

それでは最後に、ビートルズ愛から生まれたライブバーBREATHからメッセージをおねがいします。

ビートルズ好きと、ビートルズを演奏してみたい方、その雰囲気を味わってみたい方、全国のビートルズファンの方、東京に来た際は、ぜひBREATHにいらしてください。「ビートルズ BREATH」で検索してください(笑)。

下北沢BREATHでMEET THE BEATLES(ビートルズとの出会い)を楽しんでいただきたいですね。本日はありがとうございました。

インタビュー&ライター 浅井陽 BLOG / Twitter(取材日 2019年3月)

インタビュー特集一覧(バックナンバー)

音楽の仕事探すならミュージックジョブネット
ライブハウスの求人【募集中】
バンドメンバー募集のメンボネット
ミュージックジョブネット
サウンドペディア
下北沢駅(世田谷区)
2019年3月末に新駅舎が完成。新しく中央口改札が開通し、小田急線と京王井の頭線の改札口が分離。小田急線は東口・中央口・南西口、井の頭線は中央口・西口に改札を設けている。ホームドアも導入され、テナントが入る駅部2階には歩行者が通り抜けられる連絡通路を新設。
しもきたスクエア
下北沢の新しい表玄関「東口」、かつて下北沢駅前食品市場があった駅前用地で、フードフェスや野外イベントが行われる仮設の広場。下北沢BREATH主催協力によるビートルズフェス「アンソロジーしもきた」や、音と食と笑のイベント「しもきた!ザ・ワールド」など開催。
MDATA音楽スポット探索