ライブやろうぜ! ステージファイル 特別号

EX THEATER ROPPONGI

六本木の「ど真ん中」に忽然と!
地下3階から吹き抜けの大型ライブホールが出現。六本木ヒルズの向かいに鋭く聳え立つテレビ朝日のオフィスビルEXタワー群にひときわ華やかさを添える2013年11月オープンのライブホール。最新の音響・照明技術と圧倒的な存在感は向かいの六本木通りのバス停名称を「EXシアター六本木前」と変えてしまうほどである。六本木の地下に蠢く音楽のマグマから、どうしても目が離せない。
やる気に満ち溢れたライブホール登場
最近、首都圏近郊のライブホールの閉館ニュース(横浜BLITZ、渋谷AX等)がロックファンの気持ちを不安にさせてきたが、このEXシアターの「やる気」はこの不安を払拭するに余りある魅力に満ち溢れている。ミュージシャンにとっては武道館の前にかならず経由せねばならないステージの一つとして「EXシアター」の名前が刻まれることになるに違いない。時は来た!

スタンディング1,746人(920席)の熱狂

客席は「アリーナ」「バルコニー席(2階)」「スタンド席(3階)」「サイドバルコニー席」から構成。ロールバックチェアでスタンディング・シーティングの両スタイルに対応。バルコニー席はPA席(コントロールルーム)がメインで客席は34席のみなのでチケットの一般販売されないと思われる。サイドバルコニーも関係者席となり販売されない。スタンド席は248席用意されており指定席販売になる模様。なお、スタンド席は急勾配になっているため、全席で前列の人を気にすることなくステージ全体が見渡せる作りとなっている。また、客席の椅子はライブホールにありがちな仮設椅子的なものではなく、背もたれ部分も長くクッションも弾力があり大変座り心地がよい。長時間のステージにお尻が痛くなる可能性はほとんどない。

※B'z、ももクロ、ジャニーズJr.プロジェクトなどドーム・スタジアム級のアーティストのイベントが開催・決定しており、すでに伝説のライブホールとなっている。

コインロッカーは怒涛の1,104個

オールスタンディングライブの最重要施設、それがコインロッカーである。EXシアターのコインロッカーは全1,104個。最大収容人数に対して65%の設置率なので不足の心配はなさそうだ。奥行きも充分なので通常のバックならラクラク入る。荷物が少なければ2人分収納可能だろう。一部大型のロッカーも用意されている(少ないのでほとんど利用できないと考えたほうがよい)また、両替機も設置されているが念のため小銭は用意していきたい。料金は¥300(大型は600円)

オープンカフェ・エントランス・マグネット

ドリンクバーは地下3階と2階にある。2階は六本木ヒルズを望む広々と開放感のあるオープンカフェスペースになっており、開演前までのワクワクをよりいっそう楽しめる空間となっている。ただし、ホール内にはドリンク類の持ち込みはできないのでスタンディングの場合は終了後にドリンクコインとの交換がデフォルト。シーティング(座席あり)の場合は早めに入場してカフェスペースなどで休憩しながら開演をまちつつテンションを上げる余裕で挑みたい。

EXシアターの館内は、主役は出演者からオーディエンスを含めたステージ全体だといわんばかりに、モノクロ基調のシンプルなセンスに徹している。エレベーターやエントランスロピーなどのスペースには十分な余裕があり満員になったとしても、ストレスの少ない空間が提供されそうだ。なお、極めつけは「マグネットの壁」EXシアターの通路サイドがマグネットの壁でできているので磁石がくっつくのだ。金属製のアクセサリーには注意が必要か。

喫煙所&化粧室

館内は全面禁煙であるが、地下1階と2階オープンカフェゾーンに喫煙室が用意されており、マナーを守って利用したい(ただし利用できるかは公演時に必ず確認してほしい)。また特筆すべきは「お手洗い」である。施行直後ということを差し引いても設備は一流ホテルやレストランのそれと同等でライブホールのレベルではない。ウォッシュレットとエアタオルも完備。トイレは全階に相当数が設置されている。

EXシアターはバックヤード(控室)も凄かった

将来EXシアターのステージをめざす未来のスターのために楽屋もレポートしておこう。

EXシアターの楽屋は業界関係者もため息をつくほどの豪華さとセンスに溢れている。それぞれ5個の個室楽屋と大人数部屋があり、個室は各部屋ごとにインテリアから家具までカラフルにコーディネートされている。当然シャワールームを完備。あのミュージシャンもステージの後はここで汗を流して帰路につくのだ!

そしてスムーズなイベント運営を実現する搬入出設備も圧巻。あの超大型ツアートラックを機材搬入口まで直接下ろす車両専用の巨大エレベーターが存在しているのだ。大成功のステージを祈願してレポートを終わりたい。楽屋ラウンジの横にある神棚(写真)に、パンパン。

番外編:EX STUDIO ROPPONGIもオープン

EX THEATERでライブやイベントを行うバンドやアーティストがリハーサル(練習)として利用することを目的とした、プロ用リハーサルスタジオ「EX STUDIO ROPPONGI」も2014年にオープンする。EXタワー群の「EX TOWTER PLUS」の2階にあり、バンド等の音楽リハーサル、ダンス、ミュージカルなど幅広い用途に使えるプロ向けリハーサルスタジオで、2つの大型スペース(201スタジオ80帖+PA / 202スタジオ30帖)が用意されている。

基本的にプロ向けとのことだが、試しに「アマチュアバンドの練習にも使えますか?」と聞いたところ、202スタジオの方についてはインディーズバンドなどのリハーサルも想定しているようで「事務所などを通じてブッキングが可能なの是非利用してもらいたい」とのことだ。EX STUDIOでのリハーサルそしてEX THEATERのステージを目指したい!

MUSIC-MDATA編集部(取材日 2013年11月)

EXシアター六本木プロフィール 所在地:東京都港区西麻布1-2-9 / 六本木駅からのアクセス / EXシアター周辺の駐車場カフェコンビニ

インタビュー特集一覧(バックナンバー)

音楽の仕事探すならミュージックジョブネット
ライブハウスの求人【募集中】
ミュージックジョブネット

EXシアター FLOOR MAP

EXシアター2階フローガイド
EXシアター1階フローガイド
EXシアター地下1階フローガイド
EXシアター地下2階フローガイド
EXシアター地下3階フローガイド
サウンドペディア
都バス「EXシアター六本木前」
EXシアター六本木前駅
2013年10月25日より都営バス「都01」「渋88」「深夜01」各系統の、六本木通りEXシアター前停留所名が「六本木六丁目」から「EXシアター六本木前」に変更された。渋谷駅からのアクセスで乗り間違いの心配はゼロだ。
ロールバックチェア
スタンディングライブと着席(シッティング)してのライブに完全に対応するためにアリーナには格納式のロールバックチェア(電動式格納椅子)が用意されている。EXシアターではひな壇方式になっていてアリーナ後部座席でもステージがよく見える。
ロールバックチェア
PA席
ライブではマイクや楽器演奏を収音してステージサイドの大型スピーカーから再生するが、ステージ上の楽器演奏音や反響などの影響を考慮して調整するため、音響的にもっとも優れた場所(たいていは1階のセンター中央〜後部)に設置されるエリアの名称。
EXシアターは2階バルコニー席が専用のコントロールルームになっている。(写真)