イベント会場の魅力探索ガイド Vol.22

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

復興のシンボル、パブリックシアターの快進撃

文化復興のシンボルとして2005年10月オープンした舞台芸術専門の公立劇場・コンサートホール。「自ら創造し、県民とともに創造するパブリックシアター」を基本理念に、年間300以上の自主事業公演を行い、50 万人以上の入場者を迎える。

コンサートを主にオペラにも対応する大ホール(2,001席)、演劇を主とした中ホール(800席)、室内楽やリサイタルを主とした小ホール(417席)があり、2008年10月よりネーミングライツを導入。それぞれKOBELCO大ホール阪急中ホール神戸女学院小ホールの愛称となる。復興祈念コンサートなどの活動を継続的に行い、県民とともにまちを元気にするパブリックシアターとして愛されている。

*

ここでしか出会えない、音の魔術師が棲むマホガニーの森

西日本屈指の4面舞台をもち、オペラの自主制作上演も行うKOBELCO大ホールは、毎年話題の「佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ」の本拠地。プロセニアム開口22.7m、客席の中通路から天井の高さ22.7mと立方体に近い形状の劇場空間で、コンサート時(満席時)残響時間2.0秒、オペラ時1.4秒の優れた音響性能を兼ね備える。

とくにオーケストラが活動しやすい環境づくりに重点を置き、すばやい転換が可能な電動レール走行式の音響反射板と床機構を採用。反響板を設置するコンサートホール形式では準備から約1時間で楽団に渡し、練習・リハーサルが始められる。

*

木の響きと静寂に包まれる2,001席の客席

KOBELCO大ホールは4層バルコニー形式2,001席、オーケストラピットを客席(XA〜XE)にすると最大2,141席のキャパシティ。無垢材で統一された内装は木のやさしさと温かみのある空間を演出。客席の床には比重1以上の密度の高いスポテッドガム材、壁はアフリカン・マホガニー。椅子の座面や背板にもマホガニー材を贅沢に使用し、客席に届いた音が耳元で豊かに響くように反響板の役割を担っている。

床下チャンバー空調システムにより初期の空調騒音に配慮し、音楽ホールレベルの25dbを基準にした「静けさ」を実現。

*

新構想のもと、復興への想いと力を結集

すのこ高31.2mのフライタワーに吊物バトン59本。吊物・床機構ともにコンピューター制御。オーケストラピット(前後2分割)、大迫り(3分割)と7つの切穴があり、4m下の奈落を使った演出にも対応。

震災を経て2000年に策定された新構想で、「復興のシンボル」として劇場設計に大きな変更がなされた。大ホールは可動式舞台機構をやめ、オペラ上演も可能な音楽主体ホールに転換。ホテルやショッピングセンターとの合築施設から劇場単体の整備へ変更され、地上レベルに大ホール舞台を置き、搬入やバックヤードの利便性、舞台技術やマネジメントなど運営面を重視したホールへと変化を遂げた。

*

ピアノ付きのプルミエ、機能的で使いやすい楽屋

KOBELCO大ホール楽屋は、指揮者とソリスト用のプルミエ、シャワー付き個室の楽屋1〜6、中・大部屋の楽屋7〜12。

プルミエとはフランス語でプルミエール[第一の]の意味。プルミエ1・2とも防音室対応ピアノ付きで、指揮者やピアニストが使うプルミエ1はグランドピアノYAMAHA CL常設。

大人数用の楽屋は、各椅子にひとつずつコンセントがあり、全員同時にドライヤーを使える電源容量。鏡のつなぎ目も歪みがなく、鏡台上のスリットにはタオル等がかけられる。

唯一B1の奈落にあるグリーンルームは、オケピへ出入りしやすいよう楽団員の出待ちスペースとして使われる。

*

天に向かって咲く四弁花とクローバーの広場

高さ7mのガラス張りのホワイエ、エントランス・デッキからつづく花びら型の断面をもつプレキャスト列柱が劇場へと誘う。

ピアッツァ(イタリア語で広場)と呼ばれる共通ロビーには、オリジナルグッズを揃えたショップ、自主公演に関連した企画展を行う展示スペース「ポッケ」があり、気軽に立ち寄れる場所として開放。わくわくと楽しさあふれるラインナップで、木格子の奥の新たな出会いに期待がつのる。

身近に触れられるパブリックアートとして、安田侃『天秘』(右下)、植松奎二『花のようにー螺旋の気配』、エミール=アントワーヌ・ブールデル『風の中のベートーベン』の彫刻作品を設置。

劇場の小さな森、レストランTHEATRE Le Boisでは、神戸北野ホテルのシェフが手がける神戸ビストロ洋食やランチメニューが楽しめる。

*

風に「想い」のせて、四季の花木が彩る高松公園

西宮北口駅・南改札口から屋根付きペデストリアンデッキで直結、雨天時もホールまで快適にアクセスできる。

芸術文化センター前の「高松公園」には毎日さまざまな人が訪れる。ケヤキの木陰やピロティで休憩したり、ガラスウォールを鏡にダンスの練習をしたり、緑と風を感じながら、思い思いのひとときを過ごす憩いの広場。

毎年恒例の「オペラ前夜祭」やクリスマス・イルミネーションなど、阪急西宮北口駅の東西南北4エリア(にしきた商店街、兵庫県立芸術文化センター、阪急西宮ガーデンズ、アクタ西宮)が力をあわせた地域活性化イベントが催され、まちのにぎわいを生み出している。

*

所在地:西宮市高松町2-22 西宮北口駅からのアクセス周辺駐車場公式サイト

※このページはライブウォーカーによる企画・取材・編集コンテンツです。当サイトは、兵庫県立芸術文化センターおよび兵庫県、公演主催者、スポンサー等とは関係ありません。また、敷地内の写真は許可を得て撮影しております。画像・文章の無断転載等は禁止いたします。

MUSIC-MDATA編集部(取材日 2019年5月)

魅力探索ガイド一覧(バックナンバー)

音楽の仕事探すならミュージックジョブネット
ライブハウスの求人【募集中】
ミュージックジョブネット
1.イントロダクション
開館への取り組みや劇場の基本理念、ホールの解説があり、音響反射板がセットされたコンサート形式で、フルートの生演奏を聴いて残響の豊かさを体感。
2.ステージから客席を見渡す
4層の客席を見渡すステージに上がり、出演者の視点から劇場を見てみる。舞台上でどのくらい音が返ってくるか、手をたたいて響きを確かめる。
3.遮音シャッターと奥舞台
音響反射板の奥には厚さ20cmの遮音シャッターがあり、主舞台と奥舞台とを昇降して遮断可能。40db以上の遮音性能で客席側に音が漏れない設計。
4.音響反射板デモンストレーション
マホガニー材の音響反射板は、舞台床に埋設されたレール上を自動でフタを開閉しながら自走する電動レール走行式。約7〜8分で奥舞台に収納できる。
5.工夫がいっぱい楽屋エリア
舞台面と同フロアに楽屋12室と防音対応のプルミエ2室、アーティストサロンなど設置。オーケストラピット用控室のグリーンルームのみ地下にある。
6.オーケストラピット
前舞台の状態からオーケストラピット迫りを昇降。オペラなどでは舞台面から1.8~2m下げる。4m下の客席ワゴンに140席の客席ユニットを収納。
7.ワグナーピットから奈落へ
主舞台から2.4m床下に堀込まれた「ワグナー・ピット」を通って奈落へ。3分割できる大迫りや切穴があり、資材置場や作業場として使われる。
8.ピンスポット体験
荷物用エレベーターでB1から5Fへ移動。第1・第2シーリング(天井)を通ってピンルームに到着。一人ずつレバーを触ってスポットライト操作。
9.フライギャラリー見学
メタルメッシュの回廊を歩いて、舞台から約30mの高さにあるブドウ棚やフライズの高さを実感。ギャラリー4ではライトブリッジやバトンを見学。
サウンドペディア
西宮北口駅(兵庫県)
西宮北口駅
大阪と神戸のほぼ中間、西宮市にある阪急電鉄の駅。東西の神戸本線と南北の今津線がクロスする駅構造で、2階コンコース中央に駅のシンボル「カリヨンの鐘」、4つの改札口があり、芸文センターや阪急西宮ガーデンズにペデストリアンデッキで直結。駅を中心に広がる「にしきた」4エリアを四葉のクローバーにみたて街の活性化を進めている。
阪神甲子園球場
甲子園球場
1924年8月に開場した日本最古の本格的な野球場。プロ野球・阪神タイガースの本拠地であり、高校野球の聖地。外壁を覆う緑のツタがシンボル。中堅118m、両翼95m、収容人数47,508人。2010年3月に大改修リニューアルし、甲子園歴史館を併設。