イベント会場の魅力探索ガイド Vol.24

練馬文化センター

みどりの風吹くまち 練馬の文化発信拠点

練馬駅北側に広がる「平成つつじ公園」に隣接する、練馬区民のための文化施設、通称「ねりぶん」。区の木「コブシ」と区の花「ツツジ」が愛称のホールを有する。1983年4月オープン、2006年5月改修リニューアル実施。

大ホール(こぶしホール・2層1,486席)、小ホール(つつじホール・592席)を中心に、リハーサル室、集会室(和室・洋室)、保育室、ギャラリーを併設する。

*

「本格的」を気軽に、よりどりみどりのオンステージ

大ホール(2F・こぶしホール)は、吹奏楽コンクールや定期演奏会でもおなじみ、思い出の1ページを彩ってきた区民が主役のステージ。

プロセニアム間口18m、脇花道のあるステージで、クラシックやポップスのコンサート、演劇、バレエ、伝統芸能などプロからアマまで、幅広いジャンルの多彩なイベントが開催される。

練馬文化センター名誉館長は狂言師の野村万作氏。

*

まちの歴史を回顧する、煉瓦づくりの大ホール

オーソドックスな真紅の客席とレンガ壁で統一されたシンプルな意匠。どことなくノルタルジックで温かみのあるホールは、かつてこの地にあった煉瓦づくりの紡績工場を回顧させる。

1階席864席(車いすスペース12席)、2階席610席。2階左右のウイングに一段高いバルコニー席(各9列45席)。オーケストラピット使用時はA〜D列110席分が減少。

満席時の残響時間2.3秒。音響数値だけでは測れない、このまちの記憶が響いている。

*

初めてのホール利用も安心、プロのスタッフがサポート

高さ18mのステージ上部フライズに、さまざまな演出効果が得られる紗幕やホリゾント幕、スクリーン、クラシック演奏で用いる音響反射板セット、緞帳や袖幕、照明器具が吊られている。

吊物バトンは16本。昇降は「手引き」と「電動」の両方が使われており、照明バトンはすべて電動、美術バトンなどは手引きで行っている。

多様な催しに対応する公共ホールとして、舞台・音響・照明、プロのスタッフがハレの舞台をサポート。

*

NERIMA GREENはためく、駅前広場を望むホワイエ

2006年のリニューアルでバリアフリーが充実。2Fロビーまではエスカレーターとエレベーター完備。ホワイエから車いす席への移動もスムーズ。どなたでも気軽に文化的な催しが楽しめるように配慮されている。

各階ロビーと大・小ホールのホワイエ内に自動販売機があり、1Fロビーには「とろみ」付き飲料が選べるカップ式自動販売機も導入。

*

文化が花咲くつつじホール、バンドライブもおまかせ

1F小ホールはワンスロープ592席(車いす4席)、舞台幅14.5m。大ホールと同様、幅広い演目に利用でき、ジャズやバンドライブ、寄席、教室の発表会にも使いやすい。

2Fロビーにノイベルト社製バッハモデルのモダン・チェンバロを展示。チェンバロの魅力にふれる入場無料のコンサートやワークショップを定期的に開催。

ねりぶん常駐ロボットのペッパー君、ときどきお疲れモードのうなだれ姿がご愛嬌。

*

練馬駅中央北口より徒歩1分、平成つつじ公園を隣接

1947年8月、東京23番目の特別区として誕生した練馬区。23区内でもっとも緑豊かで、近隣には芸術系大学があり音楽家も多く住むまち。区民が自ら参加する文化活動も盛んだ。

練馬文化センターでは、毎年「練馬区新人演奏会」出演者選考オーディションを開催。若き音楽家たちが、みどりの風吹くまちのステージから活躍の場を広げている。

*

所在地:練馬区練馬1-17-37 西武池袋線練馬駅からのアクセス周辺駐車場公式サイト

※このページはライブウォーカーによる企画・取材・編集コンテンツです。当サイトは練馬文化センターおよび、練馬区、公演主催者、スポンサー等とは関係ありません。また、敷地内の写真は許可を得て撮影しております。画像・文章の無断転載等は禁止いたします。

MUSIC-MDATA編集部(取材日 2019年8月)

魅力探索ガイド一覧(バックナンバー)

音楽の仕事探すならミュージックジョブネット
ライブハウスの求人【募集中】
ミュージックジョブネット
1・ガイダンス&デモンストレーション
ガイダンスのあと、幕があがるとステージの中央にライトアップされたピアノ。ピアノ演奏から映像投影、南国の舞台セットが登場するステージデモを鑑賞。
2・舞台セット裏側のひみつ
ステージへ上がって舞台セットやホリゾント幕、紗幕、客席からは見えない舞台上のいろいろな仕掛けを見学。ティキ像は発泡スチロールでできている。
3・音を司る管制塔、音響調整室
舞台から響くすべての音をコントロール。ミキシングコンソールで音量や音質、タイミングを調整して各スピーカーやコロガシ、運営系や照明に音を送る。
4・ピンスポット操作体験
5階にあるピンスポットルームへ。右手でハンドル、左手で上部のレバーを操作して光の大きさを調整。舞台上の演者にスポットライトをあてる。
5・舞台の天井裏、スノコを見学
舞台から約18mの高さにあるスノコ。幕やスクリーン、照明器具を吊るバトン、音響反射板を吊ったワイヤーをスノコ上の滑車とモーターで昇降。
6・照明をコントロールする調光室
舞台の照明は光の3原色。ブルーとグリーンとレッド、全部まぜると光が白くなる特性を活かして照明をつくる。調光器を操作して照明演出を体験。
7・オーケストラピットに入る
舞台面からオケピ床面まで1.9m。長方形の蓋をあけると階段があり、楽団員の出入口となる。オケピ仕様時以外は奈落に落ちないよう扉に施錠。
8・フィナーレの紙吹雪
エンディングは舞台に並んでカーテンコール。客席を見渡し、演者の気分を味わう。紙吹雪が舞い散り、約90分のステージツアーの幕が下りた。
サウンドペディア
アニメのまち練馬
日本初の長編アニメ映画「白蛇伝」や連続TVアニメ「鉄腕アトム」など、日本のアニメ史に輝く名作を生み出してきたジャパンアニメーション発祥の地。国内トップクラスのアニメ産業集積地として100社を超えるアニメ関連制作会社があつまる。区内20の駅にアニメキャラクターの観光案内板を設置。
平成つつじ公園
練馬文化センター隣接地に1994年4月開園。600品種10,000株のつつじの仲間が植えられ、春になると色あざやかな花々で彩られる。「練馬つつじフェスタ」や「練馬アニメカーニバル」など地域イベントの会場として野外ステージライブやグルメブースでにぎわう。
ココネリ区民・産業プラザ
ココネリホール
練馬駅北口ココネリ3F産業・観光情報コーナーでは、練馬みやげにぴったりの練馬の名産品『ねりコレ』、練馬区公式アニメキャラクター「ねり丸」やご当地アニメグッズを販売。Coconeriホール、研修室など併設。